Text Size :  A A A
|  News  |  Diary  |  Work 1996-2000  |  Work 2001-2005  |  Work 2006-2009  |  2010  |  profile  |
Img_688742b51ee9c907ae3d2da397197c11def5f6b0
オープニングパーティーのことは、「ベルニサージ」というらしい。
午前11時から始まるというのにも、びっくり。
ジュネーブから、恵比寿の日仏会館展示でお世話になって以来のお友達さゆりさんが、列車で7時間かけて来てくれる!「朝から、シャンパン?」と驚きながらも、手際良く苺やスナックなどの用意をてつだってくれる。とても助かる。カッセル在住の音楽家のアヤコさんも、手伝いをかってでてくださる。彼女には、質問に答えるさいドイツ語の通訳もしていただいた。

フロアでは、ピアノとバイオリンとチェロのキルシュボーン・トリオの演奏が開始され、ひとが集まり出した。皆さん気さくで、あたたかい。熱心に作品を選び、質問をされる。

数時間の間に作品が次々といろんな方のおうちに行き先がきまってゆく。
いろいろな励ましもいただき作品を好きになってくださると、こころがあたたかくなってくる。
素直にうれしい。